Hoffnungsträger 2011

Naoko Tanaka 

(by Katja Schneider / TANZ – タンツ・イヤーブック2011)

ニュアンスのある白にパステルカラーのシルエット、シャープな影の投影像と繊細な絵柄、セロハンでできたキューブ、、ひとつの扉が少しだけ開いて、

その瞬間、ノイズ、声、色彩、光を白い無菌の空間の中に流れ込ませる。

東京出身である田中奈緒子のビジュアルの世界は、素晴らしく明晰で、魔法のように立ち現れる。その世界はどこか遊び心と軽さがある、けれどもそれは

軽薄の正反対で、微動だにしない真剣さを持っているのだ。

田中奈緒子は、コレオグラファーであるモルガン・ナルディと共にアーティスト・デュオ『ルディカ』として10年間活動したデュッセルドルフを後にし、ベルリンへ拠点を移して、彼女独自の仕事を始めた。

『Die Scheinwerferin(光を投げる女)』は彼女の最初のソロ・プロダクションである。自分の分身である人形の身体を通して始まるひとつの旅 ー 彼女が手にする小さな電灯であばきだされるテーブルの下の影の世界、線路、ビルディング、ジャングルのように生い茂る森、柵と鉄条網、高速道路に小さな家の中のテーブルと椅子。黒い世界が白いカーテンの上に投げ出される。

明快な構成と、朦朧とした影は迂曲し、小さな人形世界と黙示録の風景とが

振動し合う。使い古したフィルム、ダンボール紙、フィルター、曲げられた

食器、そして光と影によって田中が魔法のように作り出すこの動くイメージは魅惑的だ。しかしそれよりもっと賛嘆すべきことは :田中はこのソロ作品の

中で、ただイメージの世界を見せるだけではなく、舞台上での身体の存在と

不在を省察してみせているということである。観る者は、テーブル下の影の

世界に沈んだ身体の存在を忘れる事はないのである。時に彼女の目は影の舞を眺め、彼女の長い髪がその世界をかすめるように横切る ー そして、線路、家々、森、これら全てを、彼女が一瞬にして飲み込んでしまう最後の瞬間まで含めて、このパフォーマーがどれだけ巧みに光、身体、空間を扱い、また

どれだけ賢く自分の道具を使い、作品に組み入れているかに気が付かされる

のである。『Die Scheinwerferin』によって、田中奈緒子は、鮮やかに的を射った。これからの作品にとても期待をよせている私である。

カチャ・シュナイダー

© 2019 Naoko Tanaka