ー 2012『ZKB・アクノウレジメント賞』/テアター・スペクタクル

(チューリヒ、スイス)審査員によるコメント

田中奈緒子は、パフォーマンス作品«Die Scheinwerferin»において、特異かつ芸術的な

言語と、独創的な形態を作り出すことに成功した。そこでは、ビジュアル・アート、

インスタレーションとパフォーマンスとが、考え抜かれた文脈の中で出会う。

とりわけ絶賛すべきは、客体の革新的な扱い方、光、音響、イメージと、パフォーマーで

ある作家自身とのインタラクティブな共演などである。田中は、一個人の内的世界と

外的世界を、分析的なやり方で、投影イメージの中に織り込む。彼女は、不在を顕在化

させ、不可視なものを可視化し、現実と夢、イメージとイリュージョンを指し示す。

ドラマツルギーにおいても非常に厳密なこの作品の中に、観客はゆるやかにいざなわれ、

はじけるような発見の瞬間を共有することができる。

© 2019 Naoko Tanaka